コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トンティエン(通天)河 トンティエンがTongtian he

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トンティエン(通天)河
トンティエンが
Tongtian he

中国西部,チベット (西蔵) 高原上のチンハイ (青海) 省南部を流れる川。チャン (長) 江上流部の名称の一つ。トト (沱沱) 川とダム (朶爾) 川 (モロンウス川) が合流してから,スーチョワン (四川) 省境のユイシュー (玉樹) 県ディムンド (直門達) までをトンティエン河と呼ぶ。下流はチンシャー (金沙) 江と名を変える。タンラ (唐古拉) 山脈とバインハル (巴顔喀拉) 山脈の間を南東流するが,谷は比較的広く,流れもゆるやかで,放牧地となっている。ユイシュー県では農耕も盛んである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

トンティエン(通天)河の関連キーワードユイシュー(玉樹)チベット(蔵)族自治州バインハル(巴顔喀拉)山脈チンシャー(金沙)江ジェクンド(結古)チャン(長)江トト(沱沱)川

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android