トンネル磁気抵抗素子(読み)トンネルジキテイコウソシ

デジタル大辞泉の解説

トンネルじきていこう‐そし〔‐ジキテイカウ‐〕【トンネル磁気抵抗素子】

磁場によりトンネル電流が変化するトンネル磁気抵抗効果を利用した素子。厚さ数ナノメートル以下の酸化アルミニウムなどの絶縁層を2枚の強磁性の金属層で挟んだもの。ハードディスクの読み出し部分(磁気ヘッド)などで使われている。TMR素子トンネル磁気抵抗効果素子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる