トーマス バッハ(英語表記)Thomas Bach

現代外国人名録2016「トーマス バッハ」の解説

トーマス バッハ
Thomas Bach

職業・肩書
国際オリンピック委員会(IOC)会長(第9代) モントリオール五輪フェンシング男子フルーレ団体金メダリスト

国籍
ドイツ

生年月日
1953年12月29日

出生地
西ドイツ・バイエルン州ヴュルツブルク(ドイツ)

学歴
ヴュルツブルク大学

経歴
1976年モントリオール五輪にフェンシングの西ドイツ代表として出場し、男子フルーレ団体で金メダルを獲得。’91年国際オリンピック委員会(IOC)委員に就任。’96年理事に初当選。法務委員長などを経て、2000〜2004年ICO副会長を務め、2006年に再び副会長に就任。IOCではドーピング対策委員を務めたほか、規律委員会委員長として薬物汚染問題にも取り組む。2013年9月ジャック・ロゲの後継として第9代IOC会長に選出される。五輪金メダリストのIOC会長就任は初めて。本職弁護士で法律の著作がある。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

最新 世界スポーツ人名事典「トーマス バッハ」の解説

トーマス バッハ
Thomas Bach
IOC会長

国際オリンピック委員会(IOC)第9代会長
生年月日:1953年12月29日
国籍:ドイツ
出生地:バイエルン州ヴュルツブルク
学歴:ヴュルツブルク大学
経歴:1976年モントリオール五輪に西ドイツ代表として出場し、フェンシングの男子フルーレ団体で金メダルを獲得。’91年国際オリンピック委員会(IOC)委員に就任。2000〜2004年ICO副会長を務め、2006年に再び副会長に就任。IOCではドーピング対策委員を務めたほか、規律委員会委員長として薬物汚染問題にも取り組む。2013年9月ジャック・ロゲの後継として第9代IOC会長に選出される。五輪金メダリストのIOC会長就任は初めて。本職は弁護士。

出典 日外アソシエーツ「最新 世界スポーツ人名事典」最新 世界スポーツ人名事典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android