本職(読み)ほんしょく

精選版 日本国語大辞典「本職」の解説

ほん‐しょく【本職】

〘名〙
① 本来の職業職務。主たる職業、従来からの職務。本業
太神宮諸雑事記(11C中か)「被任本職者、右大臣宣、奉勅、応任」
② その職務を専門とする人。その道の専従者。くろうと。専門家。本業。
※評判記・赤烏帽子(1663)下村左源太「然ばおやぢも重宝におもはれてや、本職に任せられたるは」
※日本橋(1914)〈泉鏡花〉二〇「其は、〈略〉本職に向っての言語であるのですね」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「本職」の解説

ほん‐しょく【本職】

その人が主とする職業。本業。「本職は医者である作家」
それを専門とする人。くろうと。「本職に任せる」「本職にはかなわない」
官吏がその仕事の上で使う自称。本官。
[アクセント]12はホンショク3ンショク。
[類語](1本業本務/(2玄人くろうと専門家・熟練者・プロスペシャリストエキスパートゼネラリストセミプロプロフェッショナルたくみ名人達人達者名手巨星巨匠名匠名工大家たいか権威腕利き腕達者第一人者仕事師遣り手敏腕素人しろうと離れ玄人くろうとはだし神業かみわざベテランオーソリティーソムリエスキルドワーカーマイスタープロパー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android