トーマス ラブジョイ(英語表記)Thomas Eugene Lovejoy Ⅲ

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
生物学者 ジョージ・メイソン大学教授

国籍
米国

生年月日
1941年8月22日

出生地
ニューヨーク市

専門
環境科学・政策

学歴
エール大学生物学専攻〔1964年〕卒

学位
Ph.D.(生物学,エール大学)〔1971年〕

資格
米国芸術科学アカデミー会員

勲章褒章
ブラジル政府リオ・ブランコ勲章, ブラジル政府大十字科学勲章〔1998年〕

受賞
タイラー賞〔2001年〕,リンドバーグ賞〔2002年〕,ラルフ・W.シュレイバー保全賞〔2005年〕,BBVA財団知識フロンティア賞(生態系・保全生物学部門)〔2009年〕,ブループラネット賞(日本,第21回)〔2012年〕

経歴
ブラジル・アマゾンのフィールドワークなどから、“生物多様性”という概念を生み出した一人。米国政府や国連機関の顧問を歴任し、2002〜2008年NGO・科学と経済と環境のためのハインツセンター(ワシントンD.C.)所長、2008年より同センター生物多様性担当チェアマン。2010年ジョージ・メイソン大学教授。種の絶滅速度について警鐘を鳴らす。共著に「Global Warming and Biological Diversity」など。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android