警鐘(読み)ケイショウ

デジタル大辞泉の解説

火災・洪水などの、警戒を促すために鳴らす鐘。「警鐘を打ち鳴らす」
危険を予告し、警戒を促すもの。警告。「現代社会への警鐘

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 急を知らせる鐘。戦いや火災、大水など、危険な事態を知らせるために打ちならす合図の鐘。また、その鐘の音。早鐘。
※星巖集‐丙集(1837)余燼集・火災紀事八首「烈燄須臾欲城、爆声相和警鐘声」
② (比喩的に用いられて) 警告となるもの。いましめ。
※南国記(1910)〈竹越与三郎〉一「此租借地の外に日本人の出づるや、支那人は警鐘を乱打して、世界に訴へんとす」
③ 初期の市街電車の運転台の下にあった装置で、前方の人に電車が近づくことを知らせた鐘。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

警鐘の関連情報