コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドアカット どあかっと

知恵蔵miniの解説

ドアカット

操業中の列車が駅のホームに停車している時に、列車のドアを一部閉めておく措置のこと。「ドア締切扱い」「ドア非扱い」「扉非扱い」とも言われる。ドアカットを行う理由は「駅のホームが列車より短いため」「寒冷地で車内温度を保つため」の二つがほとんどである。ホームが短いためにドアカットを行う場合、降りる客は開くドアまで移動しなければならない。近年首都圏では、梅屋敷駅(2012年)、戸越公園駅(13年)など、ホームを延長しドアカットを解消する駅が増えている。

(2014-2-6)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドアカットの関連情報