コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドアカット どあかっと

1件 の用語解説(ドアカットの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

ドアカット

操業中の列車が駅のホームに停車している時に、列車のドアを一部閉めておく措置のこと。「ドア締切扱い」「ドア非扱い」「扉非扱い」とも言われる。ドアカットを行う理由は「駅のホームが列車より短いため」「寒冷地で車内温度を保つため」の二つがほとんどである。ホームが短いためにドアカットを行う場合、降りる客は開くドアまで移動しなければならない。近年首都圏では、梅屋敷駅(2012年)、戸越公園駅(13年)など、ホームを延長しドアカットを解消する駅が増えている。

(2014-2-6)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドアカットの関連キーワード各駅停車緩行急行列車車列進入番線速達列車発車ベル大邱地下鉄火災事故島式ホーム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドアカットの関連情報