コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドイツ=ポーランド補償基金 ドイツポーランドほしょうききん

1件 の用語解説(ドイツ=ポーランド補償基金の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドイツ=ポーランド補償基金
ドイツポーランドほしょうききん

ドイツ=ポーランド融和基金ともいう。第2次世界大戦中,ドイツとドイツ占領下にあった諸国の収容所では,約 1000万人以上の外国人が強制労働に従事した。そのうちの 200万人はポーランド人で占められていて,戦後,100万人弱の生存者が補償を求めていた。ドイツ政府は,「ポーランド旧体制指導者は 1956年に補償を放棄した」という態度をとり続けていたが,ポーランド政府の強い要求により,91年6月,強制労働に服したポーランド市民への5億マルク規模の補償金を設定することを決定し,連邦会議もそれを承認した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone