コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

補償 ホショウ

デジタル大辞泉の解説

ほ‐しょう〔‐シヤウ〕【補償】

[名](スル)
損失を補って、つぐなうこと。特に、損害賠償として、財産や健康上の損失を金銭でつぐなうこと。「労働災害補償する」「公害補償裁判」「補償金」
心理学で、身体的・精神的な原因によって劣等感をもつとき、それを補おうとする心の働き。アドラーの用語。→防衛機制

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ほしょう【補償 compensation】

人間の適応のための心的機制の一つ。もともとA.アードラーによって特に重視された概念である。アードラーは人間がすべて劣等感コンプレクスをもっていると考えるが,それを克服する上で,補償の心理機制が働くと主張した。その際,劣等な部分そのものを克服する型と,劣等な部分をそれと対照的な価値を実現することによって克服する型とがある。たとえば,病弱を克服してスポーツマンとなるのが前者であり,病弱を学問に専念することによって補償するのは後者の型である。

ほしょう【補償】

人に損害が生じたとき,だれかが金銭でその損害を埋め合わせることを広く補償と称しており,不法行為による損害賠償を含めていう場合もあるが,多くは除外して補償と呼ぶ。その場合にもいろいろの用法がある。まず,天災その他の偶発事故によって財産上の損害をこうむるとき,国などから支払われる災害補償がある。さらにそのなかには,タバコ栽培などで損害を受けた者に支払われることになっていた,旧〈たばこ専売法〉24条に基づく農業災害補償(なお,現行のたばこ事業法(1984)6条,および附則5条参照)もあれば,労働者や公務員が業務上の原因で傷害,疾病,死亡といった事態におちいった場合に支払われる療養のための費用や遺族に対する扶助料も含まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほしょう【補償】

( 名 ) スル
補いつぐなうこと。損失などを埋め合わせること。 「損害を-する」 「 -を要求する」
損害賠償として財産上の損失を金銭で補塡ほてんすること。
〘心〙 〔compensation〕 身体面・精神面において人より劣っていると意識されたことを補おうとする心の働き。 〔同音語の「保証」はその人物や物事は確かで間違いがないと請け合うこと、同じく「保障」は地位・権利・利益などが侵害されないように保護し守ることであるが、それに対して「補償」は損失・費用などをつぐなうことをいう〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

補償
ほしょう

補償作用」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の補償の言及

【計測】より

… またセンサーの特性が測定量以外の,例えば周囲温度の影響を受けるとき,その影響を打ち消した測定値を得るのにも何回かの,あるいは何種類かの測定を行う必要がある。この周囲温度のように測定量以外の,影響を受けたくない物理量の影響を消すことを補償compensationという。周囲温度の影響を打ち消すときは温度補償という。…

※「補償」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

補償の関連キーワードモーションコンペンセーション積立いきいき生活傷害保険農業者戸別所得補償制度国家公務員災害補償法対歩行者傷害補償特約地方公務員災害補償法公害健康被害補償法フランチャイズ方式労働者災害補償保険戦時補償特別措置法長期優良契約割引交通事故傷害保険労働災害総合保険輸出変動補償融資労働者災害補償原子力損害賠償法定外補償制度代償(心理)公共用地基準労災補償保険

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

補償の関連情報