ドゥニ ペイロニ(英語表記)Denis Peyrony

20世紀西洋人名事典「ドゥニ ペイロニ」の解説

ドゥニ ペイロニ
Denis Peyrony


1869 - 1954
フランスの考古学者。
セサック生まれ。
1901年ブルイユとともにレ・コンバレルの洞窟壁画を調査し、また、同年フォン・ド・ゴームの洞窟壁画を発見する。その後、’05〜20年ラ・フェラッシー、’21〜35年ロジェリー・オートフなど多くの旧石器時代の遺跡の発掘調査を行い、旧石器時代文化研究に多大に貢献する。主著に「先史時代のペリゴール」(’49年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android