コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥハーン Dukhān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドゥハーン
Dukhān

カタール西部,サウジアラビアとの境をなすサルワ湾にのぞむ町。 1940年に油田が発見されたが,カタール半島西岸にはサンゴ礁が多く,タンカーの接岸ができないため,東岸のウムサイドまで半島を横切るパイプラインで石油を送っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ドゥハーンの関連キーワードカタール(国)バーレーンドーハ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android