コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥルガ寺 ドゥルガじDurga Temple

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドゥルガ寺
ドゥルガじ
Durga Temple

インド,カルナータカ州アイホーリにあるヒンドゥー教寺院。7世紀後半に建立され,仏教のチャイティヤ建築の発展形式とみられる。石造の平屋根は最上層で高さ約 9m,後円部の内陣の上にはピラミッド型のシカラ (高塔) が増築された。周囲には列柱がめぐり,回廊の壁面にはドゥルガー女神像の浮彫が施されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のドゥルガ寺の言及

【アイホーレ】より

…南インド,カルナータカ州バーダーミの北東約45kmにある前期(西)チャールキヤ朝の遺跡。小規模なものや半壊したものも含めると100以上の石積寺院があり,石窟も2窟ある。一部のジャイナ教寺院のほかはすべてヒンドゥー教に属し,主要なものは6世紀後期から8世紀までの造営である。最も古いラード・ハーンLāḍ‐khān寺は,正方形の本殿に玄関を付け,ゆるい傾斜の屋根をのせた素朴な形態をとる。7世紀後期のドゥルガDurga寺は,仏教のチャイティヤ(塔を安置する祠堂)をしのばせる後円の長い堂に玄関を付けた珍しい形で,回廊の龕にすぐれた彫刻がある。…

※「ドゥルガ寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ドゥルガ寺の関連キーワードワーラーナシ