コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドビエルヌ Debierne, André-Louis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドビエルヌ
Debierne, André-Louis

[生]1874. パリ
[没]1949.8. パリ
フランスの化学者。工業物理・化学学校で学び,同校教授。パリ大学教授。 M.キュリーの跡を継いでラジウム研究所所長。 1899年ピッチブレンドの中から,元素アクチニウムを発見。 M.キュリーが金属ラジウムを分離した際,実験協力者であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ドビエルヌの関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎おもなお雇い外国人ムソルグスキー日本郵便制度史(年表)森一生イタリア映画エレクトロニクス史(年表)自由民権運動わが祖国

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android