コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドプレ Marcel Deprez

世界大百科事典 第2版の解説

ドプレ【Marcel Deprez】

1843‐1918
フランスの技術者。送配電技術において長距離送電や並列式交流配電方式などの方向づけを行った。高等鉱山学校École supérieure des Minesで学んだ。北部鉄道Chemin de Fer du Nordに入り,蒸気機関車用計器を開発した。電気にも興味をもち,1878年に検流計を考案,これは82年にダルソンバールJ.A.d’Arsonvalによって改良され,広く使われた。ドプレは,長距離送電について1881年のパリ電気博覧会で講演した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ドプレの関連キーワード朝食プロバイオティクスヨーグルトエクリドール XS クチュール849 ハイラインコレクション福岡県福岡市博多区築港本町プリミエ デラックスGTWindows 2000line soccerコールドプレスジュースダイレクトドライブフォノイコライザークアドロプルプレーauto stopブラインドサッカーBPセレクトカードフォノイコライザIMカートリッジオールラウンダーMMカートリッジMCカートリッジベルトドライブ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android