コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感銘/肝銘 カンメイ

デジタル大辞泉の解説

かん‐めい【感銘/肝銘】

[名](スル)忘れられないほど深く感じること。心に深く刻みつけて忘れないこと。「深い―を受ける」「お話にいたく―しました」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

感銘/肝銘の関連キーワードシューマン:アレグロ ロ短調/piano soloハイド:ロックスの谷/piano soloGriffisWilliamEliotアレクサンドレ シャルパンティエホアン・ゴック・ファック被災地の黄色いハンカチズーターマイスターインプレッション咄咄人に逼る山田孝野次郎河井寛次郎冷えたる曲歓喜に寄す西国立志編アンジローカルバートレオニダス身に沁みるサラディンキャラハン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android