コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感銘/肝銘 カンメイ

1件 の用語解説(感銘/肝銘の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かん‐めい【感銘/肝銘】

[名](スル)忘れられないほど深く感動すること。心に深く刻みつけて忘れないこと。「深い―を受ける」「お話にいたく―しました」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

感銘/肝銘の関連キーワード心に残る乞食も三日すれば忘れられぬ念持深間無感動銘記忘れ難い詠嘆慙死メトネル:忘れられた調べ 第1集/piano solo

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone