コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドミニオン・オブ・ニューイングランド Dominion of New England

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドミニオン・オブ・ニューイングランド
Dominion of New England

ニューイングランド王領とも呼ばれる。アメリカ植民地時代にイギリスが植民地統制の強化を目指して行なった広域支配。 1684年マサチューセッツ湾植民地への国王特許状取消しを契機にメーンとニューハンプシャーを併合して「ドミニオン・オブ・ニューイングランド」を形成し,1人の総督 J.ダッドリーの支配下においた。 86年 E.アンドロスが総督に任命されプリマス植民地をこれに併合,さらに 87年ロードアイランドとコネティカットの両植民地も併合された。 88年ニューヨークとニュージャージー植民地もこれに併合し,残るペンシルバニア植民地も併合してメリーランドの北のすべての植民地を「ドミニオン」に統合しようとしたとき,本国で名誉革命が起り,植民地の各地に革命運動が波及して,総督アンドロスら国王官吏が逮捕,投獄され,「ドミニオン」は解体した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ドミニオン・オブ・ニューイングランドの関連キーワードニューイングランド連合ドンガン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android