コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドルコスト平均法 どるこすとへいきんほう

1件 の用語解説(ドルコスト平均法の意味・用語解説を検索)

投資信託の用語集の解説

ドルコスト平均法


投資信託や株式の価格変動リスクを軽減するため、一度にまとめて購入するのではなく、例えば毎月一定額というように、定期的に定額を買付ける投資の方法のこと。一定額で買付けるので、価格が安い時には多く、価格が高い時には少なく買付けることになり、結果として平均買付け価格を下げる効果が得られる。

出典|(社)投資信託協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドルコスト平均法の関連キーワード株式投資信託ドル・コスト平均法上場投資信託スポット型投資信託ヘッジ取引ヘッジ(Hedge)株価変動リスク外貨建て投資信託金利変動リスク投資信託説明書

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドルコスト平均法の関連情報