定額(読み)ジョウガク

  • じょうがく ヂャウ‥
  • じょうがく〔ヂヤウ〕
  • ていがく

デジタル大辞泉の解説

きまった額。ある一定の数。ていがく。
「唐船の数定まりぬれば、―の外に来たれる船をば積み戻しといひて」〈折たく柴の記・下〉
定額僧」に同じ。
「浄蔵―を御祈の師にておはす」〈大鏡・良相〉
一定の金額。決まった額。「毎月定額を返済する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
② 制度上登録されている一定の員数。定員。
※続日本紀‐養老五年(721)六月乙酉「又除定額外、内外文武散位、六位以下及勲位」
※大鏡(12C前)二「浄蔵定額を御祈の師にておはす」
※広隆寺文書‐貞観一五年(873)広隆寺資財帳「五畿内七道諸国定額諸寺資財等帳」
[補注]「色葉字類抄」は前田本では「定額 チャウキャク」とあるが、黒川本ではさらに「ヂャウガク」のよみが加えられている。
〘名〙 一定の数量。特に金額についていう。定められた金額。じょうがく。
※随筆・折たく柴の記(1716頃)下「唐船の数定りぬれば、定額の外に来れる船をば積戻しといひて、交易の事をゆるさず」
※東京日日新聞‐明治一四年(1881)一一月一四日「来十五年度諸官省の定額(テイガク)予算は来る十二月五日迄に取調べ」 〔五代史‐劉審交伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

定額の関連情報