コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドロミティ山地 ドロミティサンチ

1件 の用語解説(ドロミティ山地の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ドロミティ‐さんち【ドロミティ山地】

Dolomiti》イタリア北部、南チロル地方の山岳地帯。アルプス東部に属し、最高峰マルモラーダ山(標高3342メートル)をはじめ、2000~3000メートル級の山々が連なる。名称はフランスの地質学者ドロミューが発見した苦灰石(ドロマイト)を多く含む苦灰岩に由来する。観光拠点としては西側のボルツァーノ、東側のコルティーナダンペッツォがあり、その間をドロミティ街道が結ぶ。山岳保養地、またはスキーリゾートとして名高い。2009年、世界遺産自然遺産)として登録された。ドロミテ山地ドロミーティ山地

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドロミティ山地の関連キーワードガルダ湖ポー川イタリア半島イタリアントレビスUILメナッジオイタリア料理の日イタリアワインの日マルタリアーティ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone