コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドロミティ山地 ドロミティサンチ

デジタル大辞泉の解説

ドロミティ‐さんち【ドロミティ山地】

Dolomiti》イタリア北部、南チロル地方の山岳地帯。アルプス東部に属し、最高峰マルモラーダ山(標高3342メートル)をはじめ、2000~3000メートル級の山々が連なる。名称はフランスの地質学者ドロミューが発見した苦灰石(ドロマイト)を多く含む苦灰岩に由来する。観光拠点としては西側のボルツァーノ、東側のコルティーナダンペッツォがあり、その間をドロミティ街道が結ぶ。山岳保養地、またはスキーリゾートとして名高い。2009年、世界遺産(自然遺産)として登録された。ドロミテ山地。ドロミーティ山地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ドロミティ山地の関連キーワードトレチーメディラバレードアルペディシウジドッビアーコオルティセイカレッツァ湖カナツェイポルドイ峠リエンツ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android