コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ド・ラバル Carl Gustav Patrik de Laval

世界大百科事典 第2版の解説

ド・ラバル【Carl Gustav Patrik de Laval】

1845‐1913
スウェーデンの技術者。ウプサラ大学で学んだ後,クロスター=ブルックの鉄鋼所で冶金技術を研究,電気溶鉱炉,鉄や亜鉛の精錬装置などを発明,多くの特許を得,またこのほかに酪農用機械や高圧ボイラーなども設計製作した。1878年遠心クリーム分離機を発明し,その原動機としてタービンを研究,83年に単式衝動タービンを完成した。これは,円周上に多数の羽根をつけた車に蒸気を噴射させ,羽根車を高速回転させるものであったが,以後,回転軸受,材料,臨界速度問題に取り組み,89年には蒸気噴射孔断面積を変化させた独得の噴射ノズル(ラバル管ラバルノズル)を完成し,回転羽根車への超音速ガス噴射を可能にした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のド・ラバルの言及

【蒸気タービン】より

…これに対して,蒸気タービンの実用化には,大きい遠心力に耐え複雑な形状をした羽根,あるいは高速回転体のつり合いや軸受などに関して材料の進歩と加工技術の発達を待たねばならなかった。 蒸気タービン実用化の道が開かれたのは19世紀の終りになってからであり,スウェーデンのド・ラバルCarl G.P.de Laval(1845‐1913)による単段の衝動タービンの製作(1883),イギリスのパーソンズCharles A.Parsons(1854‐1931)による多段の反動タービンの製作(1884)に始まる。とくに後者は,本質的な形式の変化もなく今日の大出力機に受け継がれている。…

【蒸気タービン】より

…これに対して,蒸気タービンの実用化には,大きい遠心力に耐え複雑な形状をした羽根,あるいは高速回転体のつり合いや軸受などに関して材料の進歩と加工技術の発達を待たねばならなかった。 蒸気タービン実用化の道が開かれたのは19世紀の終りになってからであり,スウェーデンのド・ラバルCarl G.P.de Laval(1845‐1913)による単段の衝動タービンの製作(1883),イギリスのパーソンズCharles A.Parsons(1854‐1931)による多段の反動タービンの製作(1884)に始まる。とくに後者は,本質的な形式の変化もなく今日の大出力機に受け継がれている。…

※「ド・ラバル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ド・ラバルの関連キーワードラバル(Carl Gustaf Patrik de Laval)蒸気タービンエンジン5月9日コロンブラバル