コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナイセリア ナイセリアNeisseria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナイセリア
Neisseria

真正細菌類ナイセリア科の細菌。2細胞ずつが1対になっている球菌であるが,互いに付着している面はやや平らになっているため双球菌 Diplococcusと呼ばれたこともある。グラム陰性菌で病原性があり,ある種は溶血性をもっている。ナイセリアゴノロエエ N. gonorrhoeaeは一般にゴノコックス gonococcusとも呼ばれ,1879年に A.ナイセルによって淋病の病原体として,生殖器道に排出された膿から発見されたもの。ナイセリア属の基準種。この菌はヒトに対してだけ自然感染し,成長の適温が 37℃で,25℃以下では成長できない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ナイセリアの関連キーワード髄膜炎菌感染症化膿菌淋疾淋菌

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android