コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナイロメーター ナイロメーター Nilometer

1件 の用語解説(ナイロメーターの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ナイロメーター(Nilometer)

エジプトを流れるナイル川の水位測定施設。毎年一度氾濫を起こすナイル川の水位を測定し、氾濫の時期を正確に予測するために利用された。首都カイロローダ島のものと南部の中心都市アスワンエレファンティネ島にあるものが有名。1970年代のアスワンハイダム建設以降、その役割を終えた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のナイロメーターの言及

【灌漑】より

…次のアッバース朝(750‐1258)は中部イラクの開発に重点を移し,ユーフラテス川とティグリス川を結ぶ数多くの運河の開削によって,バグダード南西部は帝国随一の肥沃な農耕地帯に変貌した。エジプトでは,ナイル川の水位を測る最初のナイロメーターがローダ島に建設(716)されて以来,水利事業は運河の開削と補修,湛水用の灌漑土手(ジスル)の建設を中心に進められた。ナイル川の適正な増水は確実に翌年の豊作を約束したから,10月初めにナイル川が最高水位に達すると,カイロ市中は〈満水の祭〉でにぎわったと伝えられる。…

【治水】より

…運河の開削や貯水池の設置によって,定期的な増水と,この増水がもたらす肥沃な泥土を有効に利用することが,古代以来,歴代君主の最も重要な農業政策とみなされてきた。第9,第10王朝では運河の開削が行われたことが碑文に伝えられ,第12王朝期には第2急湍付近に水位計(ナイロメーター)が設置された。イスラム時代に入ると,アスワンとフスタート近くのローダ島に水位計が建設され,ナイルの増・減水はさらに正確に計測されるようになった。…

※「ナイロメーター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナイロメーターの関連キーワードファイユームルクソールナイルグリーンナイルブルーエジプト鼠エジプト文明エジプト綿エジプトはナイルの賜古代エジプト語エジプト風

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone