水位(読み)すいい

精選版 日本国語大辞典「水位」の解説

すい‐い ‥ヰ【水位】

〘名〙 川、ダムなどの水面の位置を高さによって表わすもの。川などの中に立てられた量水標または、浮標を利用した自記水位計を用いて実測する。
※ガトフ・フセグダア(1928)〈岩藤雪夫〉四「四本の水位計(ウオタアグラス)は狂った天秤のやうに水位をぐらつかせた」
※血と水の匂い(1970)〈丸山健二〉「夏の集中豪雨で水位が高まったときに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android