氾濫(読み)ハンラン

デジタル大辞泉「氾濫」の解説

はん‐らん【氾濫】

[名](スル)
川の水などが増して勢いよくあふれ出ること。洪水になること。「豪雨で河川が氾濫する」
事物があたりいっぱいに出回ること。あまり好ましくない状態にいう。「情報の氾濫」「悪書が氾濫する」
[類語](1洪水大水出水鉄砲水増水冠水浸水水没水害/(2横行跋扈跳梁

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「氾濫」の解説

【氾濫】はんらん

水があふれ流れる。〔孟子文公下〕の時に當り、水行し、中國に濫す。之れに居り、民定(を)る無し。下(ひく)き(ところ)はを爲(つく)り、上(たか)きは營窟(えいくつ)を爲る。書に曰く、水(かうずい)(われ)を(いまし)むと。水とは洪水なり。

字通「氾」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android