ナウプリア(英語表記)Nauplia

世界大百科事典 第2版の解説

ナウプリア【Nauplia】

ギリシア,ペロポネソス半島の東に位置する町。人口1万1000(1981)。現代ギリシア語ではナフプリオンNávplion。アルゴリス湾に面する海で,アルゴリス平野の野菜や果物積出港。ミュケナイ時代以来の港で,中世にはベネチア貿易の中継地として使われた。沖合500mにあるブルジ島には15世紀のが残り,町の背後にも18世紀に造られたパラミディ城砦があって,景観を誇っている。近代ギリシア独立直後の1822年から10年余りこの町はギリシアの首都であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のナウプリアの言及

【アルゴリス】より

…ギリシア本土の南部,ペロポネソス半島北東部に位置し,東西はサロニコス湾とアルカディア山地に,また南北はアルゴリコス湾とコリントス地方とに挟まれた,半島状の地方。現在は1県をなし,県都はナフプリオンNávplion(古名ナウプリア)。古代ギリシア史の最古期にあたるミュケナイ時代には,政治・文化の先進地帯として栄えた。…

※「ナウプリア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android