コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナガハシスミレ(長嘴菫) ナガハシスミレViola rostrata var.japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナガハシスミレ(長嘴菫)
ナガハシスミレ
Viola rostrata var.japonica

スミレ科の多年草鳥取県から本州北部までの日本海側に分布し,山地林縁などに生じる。全草無毛。葉は細い円心形で長さ2~4cm,先は鋭くとがり基部は深い心形。葉柄葉身とほぼ同長である。花は4~5月に咲き,淡青紫色で,花弁は長さ約 1.5cm。側弁は無毛。唇弁にあるは細長く,斜上して長さ1~3cm。テングスミレともいうが,長嘴の名とともにこの長い距に由来する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ナガハシスミレ(長嘴菫)の関連キーワードスミレ科

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android