コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 きょ spur

翻訳|spur

6件 の用語解説(距の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


きょ
spur

花の萼や花冠の基部近くから突出した部分。たとえばスミレノウゼンハレン,ランなどにみられ,通常その内部に蜜腺があり,虫媒と関係がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


けづめ
spur

キジ目の雄の鳥のすね (解剖学的には 跗蹠骨の部分) のうしろ側に生じる突起。骨からの鋭い突起に角質の鞘がかぶさっているものであり,爪ではない。また昆虫の脛節の末端に生じている突起も,距 (きょ) またはけづめと呼ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


きょ
spur

昆虫の肢の脛節末端にある突起で,「けづめ」ともいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きょ【距】

植物の花びらや萼(がく)の付け根にある突起部分。内部に蜜腺(みつせん)をもつ。スミレの花びら、ヒエンソウの萼などにみられる。

きょ【距】[漢字項目]

常用漢字] [音]キョ(漢) [訓]へだたる へだてる けづめ
一方から一方まで間が大きくあくこと。へだたり。「距離測距儀
鶏などのけづめ。「距爪(きょそう)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きょ【距】

がくや花弁の基部にある袋状の突起。中に細長い蜜腺がある。ラン・スミレ・ツリフネソウなどに見られる。
けづめ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

距の関連キーワード花托青軸浅葱桜萼・蕚冠毛桜蓼全裂単花被花チェリー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

距の関連情報