コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナクシェ・ロスタム遺跡 ナクシェ・ロスタムいせきNaqsh-i-Rostam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナクシェ・ロスタム遺跡
ナクシェ・ロスタムいせき
Naqsh-i-Rostam

イラン南西部,ファールス地方にあるアケメネス朝時代の遺跡。アケメネス朝の首都の一つであるペルセポリスの北約 6kmのところにある岩山で,山麓の岩壁中にダレイオス1世,クセルクセス1世,アルタクセルクセス1世,ダレイオス2世の墳墓が掘込まれている。岩窟墳墓の外面には宮殿の形態が浮彫にされており,この時代の宮殿建築の状態を知ることができる。墳墓下方の岩壁にはのちのササン朝のアルダシール1世やシャプール1世などの戦勝記念碑その他が浮彫にされている。また同じ地にゾロアスター教の拝火壇もあり,この地がペルシア民族にとって神聖な地とされていたことがわかる。ナクシェ・ロスタムとはササン朝末期の国民的英雄ロスタムの絵という意味である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ナクシェ・ロスタム遺跡の関連キーワードナクシェ・ラジャブゾロアスター教神殿アケメネス朝美術ササン朝美術

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android