ナチス・ドイツ(読み)なちすどいつ

世界大百科事典内のナチス・ドイツの言及

【偏見】より

…国家がみずからすすんで偏見を植えつけ補強する場合もある。ナチス・ドイツが,国家内の少数者集団であるユダヤ人に対する偏見を強化し,やがて戦時の国民団結の手段としてこの偏見を利用したことはその一例である。アメリカにおいては移民の少数者集団に対する偏見が強く存在し,アフリカから力ずくで連れてこられた黒人を奴隷として保つために,19世紀なかばまでさまざまな偏見を利用した。…

※「ナチス・ドイツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナチス・ドイツの関連情報