ナディン ゴーディマ(英語表記)Nadine Gordimer

現代外国人名録2012の解説

ナディン ゴーディマ
Nadine Gordimer


国籍
南アフリカ

専門
作家

生年月日
1923/11/20

出生地
南アフリカ トランスバール州スプリングズ

学歴
ヴィットヴァテルスラント大学中退

経歴
1948年以来ヨハネスブルクに住み、アパルトヘイト政策を実行していた南アフリカに踏みとどまって、差別がもたらす不毛性を作品に描きつづけた稀有な白人女流作家。リトアニア系ユダヤ人移民の父と英国人の母の間に生まれる。早くから小説に才能を見せ、1939年にすでに短編が「フォーラム」に載る。以来、女性解放と黒人の側に立った創作活動をつづける。’98年アパルトヘイト解放後も暴力を描いた小説「THE HOUSE GUN」を発表。代表作に「虚偽の日々」(’53年)、「異邦人の世界」(’58年)、「The Late Bourgeois World(ブルジョワ世界の終わりに)」(’66年)、「The Conservationist(保護管理人)」(’74年)、「バーガーの娘」(’79年)、「ジュライの一族」(’81年)、「造化の戯れ」(’87年)など。また、国際ペンクラブ副会長を務めるなど南ア文学界の中心的存在として活躍し、非白人作家の育成にも力を注ぐ。アフリカ民族会議(ANC)メンバーで、裁判にかけられた黒人活動家の弁護活動にも活躍。’91年ノーベル文学賞受賞。’92年初来日。

所属団体
アフリカ民族会議

受賞
ノーベル文学賞〔1991年〕 スミス文学賞〔1961年〕;ブッカー賞〔1974年〕「保護管理人」;ネリー・ザックス賞〔1985年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

367日誕生日大事典の解説

ナディン ゴーディマ

生年月日:1923年11月20日
南アフリカの作家

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android