コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナムチャ・バルワ[山] Namcha Barwa

世界大百科事典 第2版の解説

ナムチャ・バルワ[山]【Namcha Barwa】

アッサム・ヒマラヤの最高峰。標高7762m(7755m)。ブラフマプトラ川の上流ツァンポ川の屈曲部にある。ヒマラヤの最東端に当たり,ふつうヒマラヤの範囲を,この山から西のインダス川近くのナンガ・パルバットまでとする。1912年発見され,翌13年〈天空を焦がす稲妻〉という意味のチベット名が採用された。ツァンポ川の大峡谷をへだてて北側に,ギャラ・ペリGyala Peri峰(7150m)がそびえる。【高山 竜三】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のナムチャ・バルワ[山]の言及

【ブラフマプトラ[川]】より

…本流は約640kmにわたって航行可能で,箱形の大型フェリーボートもあるが,柳の枝の骨組みに獣皮を張った小舟が多い。ニヤン(尼洋,ギャムダ)川合流点付近までは幅600mの緩流河川であるが,それよりは急流となって川幅も狭まり,深い峡谷をつくりながらナムチャ・バルワ山(南迦巴瓦峰,7762m)のまわりをヘアピン状に迂回した後,南方に転じてヒマラヤ山脈を貫通する。川幅は70mにも狭まる。…

※「ナムチャ・バルワ[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ナムチャ・バルワ[山]の関連キーワードヤルンズアンボ[川]

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android