コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナムチャ・バルワ[山] Namcha Barwa

1件 の用語解説(ナムチャ・バルワ[山]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ナムチャ・バルワ[山]【Namcha Barwa】

アッサム・ヒマラヤ最高峰。標高7762m(7755m)。ブラフマプトラ川の上流ツァンポ川の屈曲部にある。ヒマラヤの最東端に当たり,ふつうヒマラヤの範囲を,この山から西のインダス川近くのナンガ・パルバットまでとする。1912年発見され,翌13年〈天空を焦がす稲妻〉という意味のチベット名が採用された。ツァンポ川の大峡谷をへだてて北側に,ギャラ・ペリGyala Peri峰(7150m)がそびえる。【高山 竜三】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のナムチャ・バルワ[山]の言及

【ブラフマプトラ[川]】より

…本流は約640kmにわたって航行可能で,箱形の大型フェリーボートもあるが,柳の枝の骨組みに獣皮を張った小舟が多い。ニヤン(尼洋,ギャムダ)川合流点付近までは幅600mの緩流河川であるが,それよりは急流となって川幅も狭まり,深い峡谷をつくりながらナムチャ・バルワ山(南迦巴瓦峰,7762m)のまわりをヘアピン状に迂回した後,南方に転じてヒマラヤ山脈を貫通する。川幅は70mにも狭まる。…

※「ナムチャ・バルワ[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナムチャ・バルワ[山]の関連キーワードアンナプルナダージリンヒマラヤ山脈アッサムヒマラヤヒマラヤ杉アッサム地震チベットヒマラヤ山塊ヒマラヤ熊マラヤ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone