稲妻(読み)イナズマ

デジタル大辞泉「稲妻」の解説

いな‐ずま〔‐づま〕【稲妻/電】

夫(つま)の意。稲の結実期に多く起こるので、これによって稲が実ると考えられていた》
空中電気放電によって生じる電光。また、それが雲に反映したもの。稲光(いなびかり)。稲魂(いなだま)。いなつるび。「―が走る」 秋》「―やきのふは東今日は西/其角
動作の非常にすばやいことや、時間のきわめて短いことのたとえ。「―のごとく飛び去る」
稲妻形(がた)」の略。
稲妻折れ釘(くぎ)」の略。
紋所の名。1を図案化したもの。稲妻菱や四つ稲妻菱など。
《形が1に似るところから》蔵などの鍵。
「―でくゎらくゎらくゎらと蔵を明け」〈柳多留・五六〉
1の形や輝きから》金屏風(きんびょうぶ)のこと。
「―を拝借に行く暑い事」〈柳多留・一六〉
江戸時代、遊女などが、かんざしを多く挿していること。
「―をさせてふり向く仲の町」〈柳多留・二九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「稲妻」の解説

稲妻〔1952年:日本映画〕

1952年公開の日本映画。監督:成瀬巳喜男、原作:林芙美子脚本田中澄江、音楽:斎藤一郎。出演:高峰秀子、三浦光子、村田知英子、丸山修、浦辺粂子、植村謙二郎、中北千枝子ほか。第3回ブルーリボン賞作品賞、監督賞受賞。第7回毎日映画コンクール音楽賞、女優助演賞(中北千枝子)ほか受賞。

稲妻〔錦鯉の模様〕

錦鯉模様一種頭部からまで、連続して稲妻のように折れ曲がった模様が入ることをさす。おもに緋色の模様に関して言う。「稲妻模様」とも。

稲妻〔マクベイン〕

米国の作家エド・マクベインの警察小説(1984)。原題Lightning》。「87分署」シリーズ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android