コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナムハン(南漢)山 ナムハンさんNamhan-san

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナムハン(南漢)山
ナムハンさん
Namhan-san

韓国,ソウル市の南東境にある山。標高 606m。ソウルを囲む自然の障壁の一部で,ハン (漢) 江の南岸にそびえる。百済時代には山間に南漢山城が築かれ,広州と呼ばれて初期の 120年間王都であった。李氏朝鮮時代には戦乱時の避難宮で,城壁が残っている。現在はクアンジュ (広州) 郡のキョンアン (京安) 里で,ソウル郊外の観光地。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ナムハン(南漢)山の関連キーワードソウル特別市

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android