コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナラシンハ派 ナラシンハは

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナラシンハ派
ナラシンハは

ヒンドゥー教ビシュヌ派の一派。ビシュヌ神の化身ナラシンハまたはヌリシンハを崇拝し,南インドに特に多い。この信仰は,かなり古くからあったとみられ,ガウダパーダ (7世紀中頃在世) は,この派の聖典であるウパニシャッドに注釈を施している。ビジャヤナガル王国では 14~15世紀頃大いに流行した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android