コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナラシンハ派 ナラシンハは

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナラシンハ派
ナラシンハは

ヒンドゥー教ビシュヌ派の一派。ビシュヌ神の化身ナラシンハまたはヌリシンハを崇拝し,南インドに特に多い。この信仰は,かなり古くからあったとみられ,ガウダパーダ (7世紀中頃在世) は,この派の聖典であるウパニシャッドに注釈を施している。ビジャヤナガル王国では 14~15世紀頃大いに流行した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone