コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナリジキシン酸

栄養・生化学辞典の解説

ナリジキシン酸

 C12H12N2O3 (mw232.24).

 ナリジクス酸ともいう.多くのグラム陰性菌に抗菌活性を示す抗生物質.細菌のDNAジャイレース(DNA gyrase)を阻害して,DNA合成を阻害する.真核生物のDNA合成には影響しない.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

ナリジキシン酸の関連キーワードメラトニンフェノバルビタール

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android