コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真核生物 シンカクセイブツ

百科事典マイペディアの解説

真核生物【しんかくせいぶつ】

真核細胞からなる生物の総称。原核生物を除くすべての生物を含む。真核細胞は原核細胞の体積で1000倍近く大きいのが普通で,原形質が2重膜によって囲まれた核質とそれ以外の細胞質に区分されることが最大の特徴。染色体は核質内に局在する。細胞質にはミトコンドリアゴルジ体葉緑体などの細胞小器官があるが,これらは始原真核細胞に数種の原核生物が細胞内で共生したものとするアン・マーグリスによる共生説が広く支持されている。→細胞
→関連項目原形質真菌単細胞生物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しんかくせいぶつ【真核生物】

生物の二大群の一。細菌類と藍藻類を除く大多数の生物を含む。その細胞は核膜に包まれた核を持ち有糸分裂を行う。 → 原核生物

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真核生物
しんかくせいぶつ

真核とよばれる細胞核をもっている生物の総称で、原核生物と対立している。真核生物には、単細胞および多細胞の動物、藍藻(らんそう)植物を除く植物、および真核菌類がある。真核生物の細胞では、核酸、ヒストンタンパク質と核小体からできている核は核膜に包まれ、有糸分裂のときには核が一定数の染色体をつくり、細胞質には小胞体やミトコンドリアなどの構造体が発達するなどの特徴がみられる。[片島 亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の真核生物の言及

【進化】より

…その経過はまだ不明だが,おそくとも約10億年前までには酸素呼吸生物の生存が可能な程度に大気中の酸素は増えていたと思われる。 2番目の大きな変化は真核生物の出現である。その時期は約15億~10億年前であったらしい。…

【生物】より

…しかし,すべての動物,植物では,遺伝子DNAは染色体の中に収められ,この染色体の集団が細胞分裂の間期には核膜に包まれて,いわゆる核を形成している。この違いは,細胞内における遺伝子情報の発現,遺伝子の増殖や組換えなどの様式にも反映して大きな違いを生じているので,前者を原核生物procaryote,後者を真核生物eucaryoteと呼び,区別して扱うようになっている。
[個体と種]
 原核生物,真核生物を問わず,生物は外界とはくぎられた一つの存在であるから,多くの生物は個体という形をとって生きている。…

※「真核生物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

真核生物の関連キーワードレトロトランスポゾントランスファーRNAT. カスペルソンサテライトDNAチェックポイントペルオキシソームナリジキシン酸ユーカリオートカルモジュリン翻訳開始因子チューブリン酸化的燐酸化細胞内共生説シグナル配列コーンバーグクロマチンイントロンリボソーム体細胞分裂ドメイン

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android