コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナルト叙事詩 ナルトじょじしNartskie Skazaniya

世界大百科事典 第2版の解説

ナルトじょじし【ナルト叙事詩 Nartskie Skazaniya】

北カフカスのオセット人,アディゲ人の口承英雄叙事詩。近隣のカフカス諸民族の間にも流布している。ナルト族諸家の起源と武勲が主題で,海人族と精霊との間に生まれた美女シャタナ(サタナ)とその息子ソスラン(ソスルコ)を中心に物語が展開する。スキタイ神話に由来する中世アラン人の叙事詩が基層にあると思われる。19世紀に採録され,ロシア語,ドイツ語,フランス語に翻訳されている。【北川 誠一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ナルト叙事詩の関連キーワードチェルケス族オセチヤ人

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android