コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

基層 キソウ

デジタル大辞泉の解説

き‐そう【基層】

ある事物の根底に存在して、その基礎をなしているもの。基盤。「文化の基層
ある言語が他の言語によって駆逐されたとき、下になった先住民の言語。例えば、ラテン語の後裔(こうえい)であるフランス語では、ケルト語が基になっている。
アスファルト舗装道路の、表層と路盤との間の土層。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きそう【基層】

(層を成して重なっているものの)根底となる層。基礎になる層。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

基層の関連キーワードK.C. バッタチャリヤハーバート スピンデンガロ・ロマンス語エチオピア諸語ロマンス諸言語ホン・スイセンアナトリア諸語中国の刑事裁判二重構造モデルルーマニア語ナルト叙事詩ロマンス語派照葉樹林文化2言語併用下層線構造金関 丈夫神道考古学レプチャ語フランス語宗教民俗学

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

基層の関連情報