コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

基層 キソウ

デジタル大辞泉の解説

き‐そう【基層】

ある事物の根底に存在して、その基礎をなしているもの。基盤。「文化の基層
ある言語が他の言語によって駆逐されたとき、下になった先住民の言語。例えば、ラテン語の後裔(こうえい)であるフランス語では、ケルト語が基になっている。
アスファルト舗装道路の、表層と路盤との間の土層。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きそう【基層】

(層を成して重なっているものの)根底となる層。基礎になる層。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

基層の関連キーワードK.C. バッタチャリヤハーバート スピンデンガロ・ロマンス語エチオピア諸語ロマンス諸言語ホン・スイセンアナトリア諸語中国の刑事裁判二重構造モデルロマンス語派ルーマニア語ナルト叙事詩照葉樹林文化金関 丈夫レプチャ語神道考古学下層線構造宗教民俗学2言語併用フランス語

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

基層の関連情報