コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナーガ丘陵 ナーガきゅうりょうNāga Hills

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナーガ丘陵
ナーガきゅうりょう
Nāga Hills

インド北東部のナーガーランド州と,ミャンマー北西部との間に連なる山岳地帯。主要部は北緯 25°~27°を占め,北東はパトカイ丘陵,南西はマニプル丘陵に続き,ラカイン山地の一部を形成。国境付近には 3000mをこす峰々がある。全体にチンドウィン川 (ミャンマー側) ,ブラマプトラ川 (インド側) 上流が深い谷を刻む。モンスーンにより年降水量は 3000mmをこえ,耕地土壌の流失が激しい。ナーガ族が住み,米作焼畑農耕に従事。第2次世界大戦では,日本軍とイギリス軍の激戦地となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ナーガ丘陵の関連キーワードアッサム州コヒーマ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android