コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコバル[諸島] ニコバル

百科事典マイペディアの解説

ニコバル[諸島]【ニコバル】

ベンガル湾南東部,アンダマン諸島南方約150kmに位置し,19の島からなる諸島。主島は北からカール・ニコバル,カモルタ,ナンカウリ(良港がある),大ニコバル。アンダマン諸島とともにインド政府直轄領。
→関連項目ベンガル湾

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ニコバル[諸島]【Nicobar Islands】

ベンガル湾南東部にある諸島。インドに属し,中央政府の直轄地アンダマン・ニコバル諸島のうち十度海峡以南の19島をいう。総面積1950km2余り,人口3万0433(1981)で,7島は無人島。北,中央,南の3群島に大別され,それぞれカール・ニコバル島(諸島全体の行政中心),カモルタ島およびナンカウリ島,カッチャル島,大ニコバル島が主要な島である。第三紀層を主体とする丘陵性で,南の島ほど高度を増す。年中高温多湿の気候下にあるが,冬の3ヵ月を除きサイクロン襲来に悩まされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android