コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコポル ニコポルNikopol

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニコポル
Nikopol

ブルガリア北部,ドナウ川沿岸のロベチ州の河港都市。プレベンの北東約 40km,オサム川の合流点近くに位置する。農業地域を周囲にもち,食品工業と漁業が盛んで,乾電池,電気計器などの工場もある。ローマのトラヤヌス帝の築いたニコポリスの町と混同されたのが市名の起源であるが,旧ニコポリスはその南東約 70kmのニキュープ村付近と同定されている。7世紀には都市として成立し,12~14世紀には強大なブルガリアの城塞が築かれたが,1396年オスマン帝国に占領され,以後有力な軍事的拠点となった。 1810年露土戦争の際ロシア軍に徹底的に破壊されるまでは人口4万をこえる大都市であったが,その後衰微した。人口1万 6897 (1988推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ニコポルの関連キーワードイスカル川

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android