ニコライ ズナイダー(英語表記)Nikolaj Znaider

現代外国人名録2012の解説

ニコライ ズナイダー
Nikolaj Znaider


国籍
デンマーク

専門
バイオリニスト

生年月日
1975

出生地
デンマーク

学歴
デンマーク王立音楽院卒;ジュリアード音楽学校卒;ウィーン音楽大学卒

経歴
ポーランド人とイスラエル人の両親のもとにデンマークに生まれる。子供時代はサッカーに夢中になるが、8歳の時イツァーク・パールマンに接してバイオリニストを目指す。1992年カール・ニールセン国際バイオリン・コンクールに優勝。その後ジュリアード音楽学校でドロシー・ディレイに学び、’94年からウィーン音楽大学のボリス・クスニールについて研鑽を積む。’97年エリーザベト王妃国際音楽コンクールで優勝。ムスティスラフ・ロストロポーヴィチやダニエル・バレンボイムに演奏会に招かれ、次第に評価を獲得。以後ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ニューヨーク・フィルハーモニック、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団などと共演し、室内楽奏者として世界的に活躍。演奏活動以外に教育活動にも熱心で、夏のアカデミーを創設した。2001年ロンドン交響楽団のソリストとして、2002年にはNHK交響楽団と共演のため来日。クライスラーが所有していた“デル・ジェス”を使用していることでも有名。

受賞
カール・ニールセン国際バイオリン・コンクール第1位〔1992年〕;エリーザベト王妃国際音楽コンクール第1位〔1997年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android