ニシパ

精選版 日本国語大辞典の解説

ニシパ

〘名〙 (アイヌ語から) 殿。主人。
※コシャマイン記(1935)〈鶴田知也〉一四「何故お前をニシパ(親方)は虐めるのか?」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のニシパの言及

【アイヌ】より

…前者は,神々のユーカラのサケヘ(折返し)を除いた散文風のもので,〈私は……私は……〉と一人称で述べていき,最後に〈……と,○○神が自分の体験を物語った〉と,その神の素姓を明らかにするのも神々のユーカラと酷似している。後者のアイヌ・トゥイタクは〈私は真のニシパで……〉と語り出すことが多い。ニシパnispaは英語のジェントルマンgentlemanと同じような意味で,これまでは首領談,長談などといわれてきたが,ふつうの身上話もこれに含まれる。…

※「ニシパ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android