コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴田知也 ツルタトモヤ

3件 の用語解説(鶴田知也の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つるた‐ともや【鶴田知也】

[1902~1988]小説家。福岡の生まれ。雑誌「文芸戦線」に参加し、プロレタリア文学初期に活躍。アイヌ独立戦争の英雄伝「コシャマイン記」で芥川賞受賞。他に「メシュラム記」「ハッタラはわが故郷」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴田知也 つるた-ともや

1902-1988 昭和時代の小説家。
明治35年2月19日生まれ。昭和2年「文芸戦線」の同人となる。10年伊藤永之介らと「小説」を創刊し「コシャマイン記」を発表,翌年芥川賞を受賞。第二次世界大戦後の29年和田伝らと日本農民文学会を結成。30年児童文学ハッタラはわが故郷」で小学館児童文化賞。昭和63年4月1日死去。86歳。福岡県出身。東京神学社神学校中退。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鶴田知也
つるたともや
(1902―1988)

小説家。福岡県生まれ。東京神学校(現東京神学大学)中退後、北海道名古屋を転々とし労働運動に従事した。『文芸戦線』同人を経て、1935年(昭和10)伊藤永之介らと同人雑誌『小説』を創刊し、アイヌ独立戦争の英雄を描いた『コシャマイン記』を同誌に発表、翌年芥川(あくたがわ)賞を受賞した。戦後は酪農問題の専門家として活躍し、64年(昭和39)「農業問題会議」を結成して事務局長となる。『野草譜』などの画文集も出版している。[神谷忠孝]
『『鶴田知也作品集』全1巻(1975・新時代社) ▽小笠原克著「鶴田知也『コシャマイン記』」(『近代北海道の文学』所収・1973・日本放送出版協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鶴田知也の関連キーワード竹下登内閣板場真二正岡子規熱雲朝鮮映画望月太左衛門香西かおり北山雅康仮面ライダーBlack青い山脈

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone