コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴田知也 ツルタトモヤ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴田知也 つるた-ともや

1902-1988 昭和時代の小説家。
明治35年2月19日生まれ。昭和2年「文芸戦線」の同人となる。10年伊藤永之介らと「小説」を創刊し「コシャマイン記」を発表,翌年芥川賞を受賞。第二次世界大戦後の29年和田伝らと日本農民文学会を結成。30年児童文学「ハッタラはわが故郷」で小学館児童文化賞。昭和63年4月1日死去。86歳。福岡県出身。東京神学社神学校中退。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鶴田知也
つるたともや
(1902―1988)

小説家。福岡県生まれ。東京神学校(現東京神学大学)中退後、北海道、名古屋を転々とし労働運動に従事した。『文芸戦線』同人を経て、1935年(昭和10)伊藤永之介らと同人雑誌『小説』を創刊し、アイヌ独立戦争の英雄を描いた『コシャマイン記』を同誌に発表、翌年芥川(あくたがわ)賞を受賞した。戦後は酪農問題の専門家として活躍し、64年(昭和39)「農業問題会議」を結成して事務局長となる。『野草譜』などの画文集も出版している。[神谷忠孝]
『『鶴田知也作品集』全1巻(1975・新時代社) ▽小笠原克著「鶴田知也『コシャマイン記』」(『近代北海道の文学』所収・1973・日本放送出版協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鶴田知也の関連キーワード鶴田 知也昭和時代

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android