コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニジネバルトフスク Nizhnevartovsk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニジネバルトフスク
Nizhnevartovsk

ロシア中部,西シベリア中部,ハントゥイマンシ自治管区の都市。ハントゥイマンシースクの東約 400km,オビ川右岸に位置する新興石油産業都市で,1965年チュメン油田の大産地サモトロール油田の開発が始ってから,その採油中心地として発展しはじめ,72年市となった。サモトロール油田からボルガ=ウラル油田の中心地アリメチエフスクへパイプラインが延びるほか,市の南東方のアレクサンドロフスコエ油田からのパイプラインが市を経てオムスクへ延びる。河港があり,水産業も行われる。人口 25万1860(2010)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ニジネバルトフスクの関連キーワードバフ川

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android