コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニニギノミコト(瓊瓊杵尊) ニニギノミコト

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニニギノミコト(瓊瓊杵尊)
ニニギノミコト

日本古代の伝承にみえる神。『日本書紀』にはアマツヒコホノニニギノミコト,『古事記』にはアメニギシクニニギシアマツヒダカヒコホノニニギノミコトとある。アマテラスオオミカミの孫で,三種神器を奉じて高天原から初めて日向の高千穂峰に降臨したとされる。神武天皇の曾祖父とされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ニニギノミコト(瓊瓊杵尊)の関連キーワードコノハナノサクヤヒメ(木花開耶姫)霧島神宮可愛岳霧島

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android