コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニニギノミコト(瓊瓊杵尊) ニニギノミコト

1件 の用語解説(ニニギノミコト(瓊瓊杵尊)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニニギノミコト(瓊瓊杵尊)
ニニギノミコト

日本古代の伝承にみえる神。『日本書紀』にはアマツヒコホノニニギノミコト,『古事記』にはアメニギシクニニギシアマツヒダカヒコホノニニギノミコトとある。アマテラスオオミカミの孫で,三種神器を奉じて高天原から初めて日向の高千穂峰に降臨したとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニニギノミコト(瓊瓊杵尊)の関連キーワード上代文学三部本書天糠戸者天日鷲神弟媛(1)鹿我別吉備山櫛明玉神手置帆負神高龗神

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone