コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニブルヘイム

百科事典マイペディアの解説

ニブルヘイム

〈霧の国〉の意で,北欧神話における霧と氷と闇の世界。原始の泉フウェルゲルミルがわく地。南方の灼熱の地ムスペルスヘイムに対する。この両世界の中間に神々と人間の世界は位置する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のニブルヘイムの言及

【北欧神話】より

…彼は燃えさかる剣を手に持ち,世界の終末(ラグナレク)が近づくと荒し回り,世界を火で焼き尽くすことになる。奈落の口の北側にはニブルヘイムNiflheimrがあり,そこには氷と霜があって毒液の流れが奈落の口に流れ込んでいる。ムスペルスヘイムからの熱風とニブルヘイムの霜とがぶつかると,霜が溶けて滴り,そのしずくが熱を送る者の力によって生命を得,巨人ユミルYmirが誕生する。…

※「ニブルヘイム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェイクニュース大賞

第45代米国大統領のドナルド・トランプが、自らについての報道の中で事実と異なる不公平な報道をしたと主張する、2017年のニュースに贈った賞。18年1月17日に自身のTwitterで発表し、共和党のウェ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android