コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニブルヘイム

1件 の用語解説(ニブルヘイムの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ニブルヘイム

〈霧の国〉の意で,北欧神話における霧と氷と闇の世界。原始の泉フウェルゲルミルがわく地。南方の灼熱の地ムスペルスヘイムに対する。この両世界の中間に神々と人間の世界は位置する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のニブルヘイムの言及

【北欧神話】より

…彼は燃えさかる剣を手に持ち,世界の終末(ラグナレク)が近づくと荒し回り,世界を火で焼き尽くすことになる。奈落の口の北側にはニブルヘイムNiflheimrがあり,そこには氷と霜があって毒液の流れが奈落の口に流れ込んでいる。ムスペルスヘイムからの熱風とニブルヘイムの霜とがぶつかると,霜が溶けて滴り,そのしずくが熱を送る者の力によって生命を得,巨人ユミルYmirが誕生する。…

※「ニブルヘイム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ニブルヘイムの関連キーワードエーギルスカジ北欧神話ワルキューレグレイプゲフィオンの泉スコルユミルハティ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニブルヘイムの関連情報