灼熱(読み)しゃくねつ

精選版 日本国語大辞典「灼熱」の解説

しゃく‐ねつ【灼熱】

〘名〙
① 焼いてあつくすること。高温であつくなること。また、焼けるようにあついこと。〔医語類聚(1872)〕
※闘いへの怖れ(1955)〈島尾敏雄〉「南の島の空の熱の太陽が」
② 物事の勢いが激しいこと。また、物事に熱中していること。物事が最高潮であることのたとえにいう。
※学生時代(1918)〈久米正雄〉選任「勝負は既に灼熱に達してゐた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「灼熱」の解説

しゃく‐ねつ【×灼熱】

[名](スル)
金属などを焼いて熱くすること。また、焼けて熱くなること。「灼熱した鉄を打って鍛える」
焼けつくように熱いこと。「灼熱の太陽」
物事の程度が最高潮であること。はげしく情熱をもやすこと。「灼熱の恋」
「没我的な、―した美しさだ」〈中島敦・悟浄歎異〉
[類語]温熱火熱かねつ炎熱焦熱熱気温気うんきいきほとほとぼり余熱地熱電熱気化熱融解熱放射熱赤熱白熱加熱過熱暖房保温予熱断熱発熱放熱高熱ヒート蒸し蒸しむんむん暑い蒸し暑い暑苦しい暑さ焼け付く蒸すいきれ人いきれ草いきれ猛暑暑気酷暑極暑激暑厳暑炎暑大暑暑熱酷熱熱波向暑残暑極熱

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android