灼熱(読み)シャクネツ

デジタル大辞泉の解説

しゃく‐ねつ【×灼熱】

[名](スル)
金属などを焼いて熱くすること。また、焼けて熱くなること。「灼熱した鉄を打って鍛える」
焼けつくように熱いこと。「灼熱の太陽」
物事の程度が最高潮であること。はげしく情熱をもやすこと。「灼熱の恋」
「没我的な、―した美しさだ」〈中島敦・悟浄歎異〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃくねつ【灼熱】

( 名 ) スル
焼けてあつくなること。また、焼けつくようにあついこと。 「 -の太陽」
感情が非常に高ぶること。 「 -の恋」 「 -した論争」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

灼熱の関連情報