コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニホンミズシタダミ Valvata japonica; Japanese valve shell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニホンミズシタダミ
Valvata japonica; Japanese valve shell

軟体動物門腹足綱ミズシタダミ科。殻高 4mm,殻径 4.5mm。殻は薄質で半透明,淡黄色。螺塔は低く,螺層は4階。各層は丸く,縫合は深い。殻表は細い成長脈が明らかである。体層は大きく,周縁は丸い。殻口は全縁で丸い。臍孔は大きく深い。ふたは淡黄色,円形で薄く,多旋型。軟体は触角が長く基部に眼がある。外套縁には細長い外套触角がある。陰茎は長く,右触角の後方に位置する。雌雄同体。鰓はよく発達していて,外套膜の縁を越えて外に伸びる。樺太 (サハリン島) ,北海道から本州 (箱根芦ノ湖など) の湖沼にすむ。琵琶湖には殻の肩に角のあるビワコミズシタダミ Biwakovalvata biwaensisが生息する。ミズシタダミ類は,後鰓類 (ウミウシの仲間) や有肺類 (マイマイの仲間) の祖先に近いグループと考えられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android