ニュケピング(英語表記)Nykøbing

世界大百科事典 第2版「ニュケピング」の解説

ニュケピング【Nykøbing】

デンマークのファルスター島西岸のグルボースンGuldborgsund海峡に臨む同島最大の都市。人口2万5000(1990)。海峡にはローラン島とを結ぶフレゼリク9世橋がかかり,ローラン島のレズビュハウンRødbyhavnからドイツのプットガルデンPuttgardenまではフェリーが通じ,ニュケピングは北欧とドイツを結ぶ鉄道要所となっている。同市は12世紀につくられた要塞(後のニュケピング城)を起源とし,13世紀初頭に市場権を得た古い商業の中心地である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のニュケピングの言及

【ファルスター[島]】より

…土壌は肥沃でビート栽培に適し,穀物生産も高い。中心都市はニュケピングであり,最南のゲサーGedser港からはドイツのバルネミュンデ,トラーベミュンデへフェリーが就航している。【村井 誠人】。…

※「ニュケピング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android